イメージ画像

最新情報

2014年9月18日土地調査
土地の売却をウワモノで有利に
2014年8月15日土地調査
マンション購入は面倒ではない
2014年7月23日土地調査
土地という不動産の基盤を成しているもの
2014年7月5日未分類
住宅showreelを売却する際の注意点
2014年7月4日土地調査
土地をより安く購入する為の方法

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

土地の売却をウワモノで有利に

何も建てられていない場所というのは現代では探し辛くなってきました。もちろん、地方に目を向ければそのような土地はいくらでも存在するのですが、現時点で何も建設されていない土地にはそれなりの理由もあります。もちろん、新しく活用するキッカケ、つまり一帯が新しく団地として整備されるということや大規模なショッピングモールを建設するということであれば、新しく価値を見直すこともできます。

土地に建物が建っていれば不動産ということが多いのですが、それを構成する要素の中でも特に立地に魅力がある場合は、土地の価値をメインに据えた運用を考える方が、効率が良いということになります。売却先を探す場合もその立地に対する価値をメインに伝えることで、スムーズに交渉を進めることができるケースが多いです。土地売却するなら。

土地の価値をメインに据えた売却であっても、すでにそこに建物があり、十分使用に耐え得る場合、さらにはすでに家賃収入などを得ていて、近い将来立て替えを予定しているとしても、当座の家賃収入が担保できている場合は、それは「メリット」として捉えられることが多いです。ポイントはその時点で家賃収入が発生していて、その権利ごと売却するという点です。売却先が新しい建物を建設してマンション経営を考えている場合でも、建て替え代を少し償却できる程度の収入を担保できていれば、ウワモノとしての建物が有利に働くことになります。

その資産を「土地」として捉えていても、現実的にアクティブな物件が付帯しているのであれば、その権利ごと売却することになり、ただ土地を売却するよりも高額の対価を得ることができる可能性が高いです。持ち得た条件をフルに発揮した「見せ方」が大切です。

土地は一人ではなく複数人で決める

土地選びは自分の人生に大きく影響することになるとても重要な事であるので、つい一人で下見をして独断で選択してしまいがちになります。
しかし、自分では気づかなかった事を同行者が気づくこともあります。

実際に住んでみないと気づかなかった事は下見を複数人で行う事によって気づける可能性が出てきます。
気づくことが出来ればそれは自分にとって得な事であり、とてもありがたい事です。

契約時は一人で良くても下見の時には必ず知人に付き添ってもらう事が大切です。
また、付き添ってもらう知人は今までに土地を購入した事があれば尚良いです。

そしてたとえ土地の購入の経験が無くても十分な意見をもらえる可能性が高いです。
下見は昼と夜の二回行く事が大事ですが、二回とも同じ人に付いてきてもらいたいところです。

昼の状態を理解しているほうが、更なる違いに気づくことが出来るかもしれません。
そして知人が土地を購入する際には一緒に見に行ってあげることが大切です。

タグ

2014年9月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:土地調査

マンション購入は面倒ではない

マンション購入は面倒ではない
マンションって結構いろいろと大変じゃないの、そうおもわれている方結構いられるかとおもわれます。
しかし、マンション購入にあたって、入居者探しなどをするのは管理会社の仕事なので、あなた自身動く必要はございません。
管理会社にいろいろと任せることができるので、メンテナンスのことや、いろいろとわからないことなどは、全部任せてしまえば安心して運営することができます。
マンション購入をこれからしたいと考えている方は、ぜひともやってみてください、購入するだけで、税金が安くなるなどの得点もついてくるので、あなたの生活がとても豊かになります。
あなたの生活を少しでも楽にするためにも、マンション購入はとてもお勧めの方法なので、ちょっと高い買い物なので、少し時間がかかるかもしれませんが、やってみて損は内科とおもわれます。
あなたの生活の中の収入として、マンションというものはとてもいいものなので、将来の生活のためにも考えてみてください。

タグ

2014年8月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:土地調査

土地という不動産の基盤を成しているもの

土地という不動産の基盤を成しているもの
土地というものは、不動産の基盤を成しているものと言うことができるでしょう。
というのも、もうひとつの不動産である建物(広義には建造物)というものは、海上や水上に位置している例外的なものを除けば、全てこの土地の上に建てられているものであるために、土地こそが不動産というものの土台を成しているもの、であるわけなのです。
そして、人類の歴史というものも、この土地を巡る歴史であったと言うことができるもので、この所有を巡る様々なやり取りを経る中から、やがて、その運用制度というものが確立されてきて、現在のような不動産の運用制度というものが作り出されてきたのでした。
こうして、土地は売買されたり賃貸されたりしながら、転々として流通し続けて、様々な用途に活用されることで、人間社会の基盤を成しつつ、その文明というものの土台を成す役割を果たし続けてきたのです。
また、その活用方法も、当初は横へ横へと平面状に広がって行ったものが、やがて、その上に伸び、下に伸びというように、垂直にも活用されるようになって行ったのです。

タグ

2014年7月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:土地調査

住宅showreelを売却する際の注意点

マンションや一軒家など住宅の売却を検討されている方も多いかと思います。
しかし、初めて売却するという場合には、どういった点に注意すればより高く売れるのか分からず悩んでいるという方も少なくないと思います。

以下では、そんな方のために住宅を売却する際の注意点をご紹介します。
1.業者選びが最重要住宅を売る際に最も重要となるポイントは、売却の手続きを担当する不動産業者選びです。

不動産業者によって住宅の査定額はもちろんのこと、売却までの期間や新たな買主との交渉など様々な点が異なります。
不動産業者を選ぶ際のポイントとしては、売却の実績が豊富か、その地域の不動産事情に詳しいかといった点が挙げられます。

2.家をキレイにしておく売却するということは、その後別の誰かがその住宅を使うことを意味しています。
ですから、当然ですが住宅の内装・外装がキレイである方が高く売れることになります。

売却のためにわざわざリフォームを行う必要性は高くありませんが、普段から汚れやキズなどを見つけたらすぐにメンテナンスをしておくことが高額売却の近道となります。

タグ

2014年7月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

土地をより安く購入する為の方法

土地は時価であるので、もしかしたら値切ることも出来るのではないかと考える人もいます。
答えは時と場合によるということです。

これはただ単に安くして欲しい旨を伝えるだけではまず安くしてもらえません。

これは値切り行為と言うよりはむしろ交渉です。
お互いにメリットのある取引を成立させる為の立派なビジネス的な行為であり恥じることではありません。
では、値切り行為を交渉へと昇華させるにはどうすればいいのかということですが、まず値切る理由を先方に伝えます。

この時に理由の内に自らが秘める思いも同時に伝えることが大切です。
こういったやり取りは数字は現実問題だけでは成り立たず、人と人との信頼関係によって成り立ちます。

つまりお互いに惚れた者同士がお互いに譲り合う心を持てるようになるということです。
土地は一生の問題であるので不動産会社も親身に相談に乗ってくれます。

そして安く土地を手に入れる事が出来れば、会社への感謝を忘れないようにすることが大切です。

タグ

2014年7月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:土地調査

このページの先頭へ